MENU

閉じる


ホーム > 浦河消防署 > 令和2年 秋の火災予防運動実施

令和2年 秋の火災予防運動実施

統一標語

実施期間 令和2年10月15日~10月31日

                        

 暖房器具を使う季節になりました 

 

火災は、ちょっとした不注意から発生しています。
ストーブの上に洗濯物を干したり、

燃えやすい物を
置かないようにしましょう。

 

 
火災予防期間中の主な行事

 

 

浦河消防署の車両による

予防広報

 

 

 


 

令和元年における建物火災の概要(全国)

令和元年における総出火件数は37,538件で、これはおおよそ
1日あたり102件、14分に1件の火災が発生したことになります。
建物火災は、総出火件数の約56%を占めています。

 

    出火原因の内訳(全火災37,538件)        

全火災の出火原因別死者(1,477人の内訳)

 

令和元年における浦河町の火災の概要

 

昨年浦河町では4件の火災が発生し、その内3件が建物火災、残り1件が車両火災でした
火災出場には含まれなかった火災とまぎらわしいもので、消防車両が出場した件数が13もありました。
死傷事故や貴重な財産を失わない為にも、火の取り扱いには十分注意しましょう。

上記グラフは令和元年の出場(一部)を月ごとに表したものです。
 

住宅防火いのちを守る7つのポイント

3つの習慣

寝タバコは
絶対にやめる

ストーブは、燃えやすい
ものから離れた位置で
使用する

ガスコンロなどのそばを
離れるときは
必ず火を消す

4つの対策

逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する

寝具や衣類からの火災を防ぐため、防炎製品を使用する

火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する

お年寄りや体の不自由な人を守るために、隣同士の協力体制を作る

 

 

   

≪住宅用火災警報器≫

消防法・火災予防条例が改正になり
皆様の住宅に住宅用火災警報器の設置が
平成23年6月1日より義務化されました。

住宅用火災警報器は
家電販売店やホームセンターなどで
購入できます

※消防署では、販売や業者の斡旋は
一切しません。
なお、悪質な訪問販売にご注意ください。



設置場所等詳しくは、
『浦河町ホームページ』⇒『日高東部消防組合消防本部・浦河消防署』⇒『浦河消防署からのお知らせ』⇒『住宅用火災警報器の設置について』
もしくは、
浦河消防署(0146-22-2144)まで。

お問い合わせ先

浦河消防署 電話:0146-22-2144 FAX:0146-22-6550  [お問い合わせフォーム]

お知らせ