MENU

閉じる


ホーム > 浦河消防署 > 廃棄物の野外焼却禁止について

廃棄物の野外焼却禁止について

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の改正により、平成13年4月1日から、一定の例外を除いて、廃棄物の焼却は禁止されています。
違反した場合は罰則の対象となります。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(一部抜粋)

(焼却禁止)

第16条の2 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。

1 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却

2 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却

3 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

(罰則)

第25条第1項 法第16条の2の規定に違反して廃棄物を焼却した者は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

焼却禁止の例外となる野外焼却の事例について

区 分

例 外 事 例

国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

  • 河川管理者による伐採した草木の焼却
  • 海岸管理者による漂着物等の焼却 など

震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

  • 凍霜害防止のための稲わらの焼却
    ※ 凍霜害防止のためであっても、生活環境保全上著しい支障を生じる廃タイヤの焼却はこれに含まれません
  • 災害復旧時の木くずなどの焼却
  • 火災予防訓練時の模擬火災のための焼却
  • 道路管理のために剪定した枝条等の焼却 など

風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

  • 「どんど焼き」などの地域の行事における不要となった門松、しめ縄等の焼却
  • 大文字焼きなど古くから伝わる風俗習慣的な行事
  • 塔婆の供養焼却 など

農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

  • 農家が行う稲わら等の焼却
    (草地改良による野焼き、畑・河川敷・畦等の雑草処理など)
  • 林業者が行う伐採した枝条等の焼却
  • 漁業者が行う漁網に付着した海産物の焼却、流木などの焼却 など
    (昆布干場の雑草・流木処理など)

※ 廃プラスティック(肥料袋など)の焼却は含まれません

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

  • 暖をとるためのたき火、キャンプファイヤーなどを行う際の廃材等の焼却 など

※ 例外的に認められている場合でも、大量の煙やにおいを発生させ、近隣の生活環境に支障をきたしてしまうと、指導の対象となることもありますので、必要最小限にとどめてください。

例外となる野外焼却を行う場合は、浦河町役場若しくは浦河消防署に届出が必要となります。

問い合わせ先

浦河消防署 電話:0146-22-2144 FAX:0146-22-6550  [お問い合わせフォーム]

お知らせ