MENU

閉じる


ホーム > 浦河消防署 > 火災に備えて

火災に備えて

 

火災に備えて

火の用心!
10のポイント

コンロ
1 天ぷらを揚げるときはその場を離れない。
1 1. 最近、台所のコンロから出火する火災が急増中。フライやてんぷらなどの揚げ物が食卓にふえたことや、主婦の油に対する知識不足などが原因といわれてします。

2. その場を離れるときは必ず火を消してから(炎を小さくしてコンロを離れる人が多いが、食用油は350度程度になると自然発火する)。仕事、外出、雑談、電話、テレビ、片付けなどが要注意。

3. ガスコンロの周囲や上部に、燃えやすいものを置かない。
たばこ
2 寝たばこ、たばこの投げ捨ては厳禁。
2 1. たばこは決めた場所以外は吸わないようにする。

2. 灰皿は大きめのものを使用し、常に水を入れておく。

3. 歩行中や作業中にくわえたばこはしない。

4. 火のついたたばこを放置しない。その場を離れるときは完全に火を消してから。
  火災のほとんどが"人災"です。「消したつもり」「消えたはず」がとんだ大火災につながります。
  何よりも大切なのは日ごろの備え。それも言葉で理解するのではなく、みんなが実行することが重要です。


たき火
3 風の強いときに、たき火をしない。
3 1. たき火をするときは、その場を絶対に離れない。

2. 周辺から燃えやすいものや危険物をかたづける。

3. 水を入れたバケツを忘れず準備しておく。

4. 子どもだけでたき火をさせない。

5. たき火が終わったら、完全に火を消す。
放火
4 家の回りに燃えやすいものを置かない。
4 1. 新聞紙など燃えやすいものを家の回りに置かない。

2. 家から出る家庭のごみが放火の的となることがあるので、ごみは指定された日の朝に出すこと。

3. 空き家、車庫、物置などの戸締りはしっかりと。
火遊び
5 子どもにはマッチやライターであそばせない。
5 1. 子どもの目につくところに、マッチやライターを置きっぱなしにしない。

2. 日ごろから子どもに、火の正しい使い方や火のおそろしさを、きちんと教える。

3. 花火をするときは必ず大人が付き添う。広い場所でしか花火はしない、水を用意しておくことも大切。
風呂かまど
6 風呂の空だきをしない。
6 1. 点火をするときは、必ず水が入っていることを確かめてから。

2. 浴槽の栓は手で完全に締める。水漏れはないか、点火後何回か点検するぐらいの用心深さを。

3. 消すときは点火コックだけでなく、元栓も締める。
ストーブ
7 ストーブには燃えやすいものを近づけない。
7 1. カーテンの近くでストーブを使ったり、ストーブの上部で洗たく物などを干したりしない。

2. 給油は火を完全に消してから行う。

3. 石油ストーブは耐地震消火装置付きのものを使う。正しく機能するかどうか点検、整備もおこたりなく。
就寝
8 寝る前に必ず火の元を確かめる。
8 1. ガスの元栓、こたつのコンセントなど、寝る前には火の元を点検してまわる。

2. 「ガスコンロの元栓」など点検項目をかいたメモを壁などに貼り、それを見ながら確認するのも一つの方法。
お年寄り
9 お年寄りの部屋は2階にしない。
9 1. 「魔の2階」といい、火災は2階での死亡事故が多い。お年寄りや子ども、病人などの部屋はできるだけ2階は避ける。

2. お年寄りには、枕元やトイレなど、行動範囲に応じて複数の呼び鈴を準備し、万一の場合に備える。

3. ガスの元栓や電気器具の差し込みなど、夜寝る前に家族がお年寄りの部屋を確かめる習慣を。

4. お年寄りを家に残して、外出するときは必ず近所に声をかける。
消火
10 消火の備えを万全に。
10 1. 簡易型火災報知器などを設置して、火災を早く発見する備えをする。

2. 各家庭に最低1本の消火器を備える。

3. 三角バケツなど各部屋に水を備える。

4. 消火器の使い方など、消防機関で行う防災訓練には積極的に参加する。

お問い合わせ先

浦河消防署 電話:0146-22-2144 FAX:0146-22-6550  [お問い合わせフォーム]

お知らせ