MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 博物館・資料館・記念館 > 郷土博物館 > 施設案内

施設案内

博物館

浦河町の郷土の歴史と自然を学習する施設です。

利用案内

  • 住所 〒057-0002 浦河郡浦河町字西幌別273番地1
  • 電話 0146-28-1342
  • fax  0146-28-1344
  • 開館時間 午前9時~午後4時30分
  • 休館日 月曜日・祝日・12月30日~翌年1月5日まで
  • 入館料 無料
  • 交通 JRバス郷土博物館前下車 徒歩2分
    JR日高幌別駅下車 徒歩7分
  • 駐車場 乗用車50台駐車(大型バス可)
  • 付属施設 ミニパークゴルフ場(9ホール)使用料、道具貸出(無料)

展示室

浦河の自然コーナー

北海道を代表する日高山脈の裾野に広がり、太平洋を望む浦河町は、哺乳類・鳥類・魚介類・昆虫・植物などの動植物が多く生息しています。化石も豊富で、特にアンモナイトの産出地として知られています。展示室には、動物剥製、樹木標本、化石標本、昆虫標本などの資料を展示しています。

大昔の浦河コーナー

浦河町内の各遺跡から出土した縄文時代、続縄文時代、擦文時代の土器、石器、装身具などの先史時代の資料を展示しています。 展示室に復元したアイヌ民族の家屋にはアツシ・ケマウシペ・ニマ・サラニップなどの資料も展示しています。

浦河の拓けたころコーナー

明治4年、長崎県・熊本県の人たちが西舎・杵臼地区に、明治14年以降は赤心社が西舎・荻伏地区に集団で入植し浦河の開拓が進められました。さらに明治5年には浦河支庁も置かれ、常に行政の中心的役割を果たしています。

浦河の漁業コーナー

よい漁場と岩礁の多い浅い海に恵まれた浦河は、豊富な魚と質のよい昆布の採れるところです。昭和4年、浦河漁港が完成して、日高における漁業の中心地になりました。現在、さけ定置網・めぬけ刺網・かれい刺網・いか釣・昆布採取などがさかんに行われています。

浦河の農業コーナー

明治から昭和かけて農家は鍬、鋤にたよる農業からプラウ・ハローなどを使う農業、さらにトラクター・コンバインを使用する農業へと変化してきました。現在、浦河は競走馬としての軽種馬を生産する農家が多くなり、今では「サラブレッドのふるさと」と呼ばれています。

沿革 (郷土博物館・馬事資料館・赤心社記念館)

昭和35(1960)年 労働会館(福祉センター)内に展示ケースを展示。
昭和36(1961)年 荻伏にある旧赤心社事務所を改修し、浦河町郷土館として開館。 
昭和39(1964)年 浦河町立郷土博物館条例制定。名称を「浦河町立郷土博物館」と改称。堺町会館(旧日高支庁々舎)を改修、荻伏から堺町に移転。荻伏の郷土館は分館となる。
昭和47(1972)年 博物館法による登録認可を受ける。
昭和48(1973)年 日本博物館協会に入会。
昭和49(1974)年 荻伏分館を「赤心社記念館」と改称。
昭和53(1978)年 旧東小学校を改修、堺町から西幌別(現在地)に移転
昭和55(1980)年 「馬事資料館」開館。
昭和56(1981)年 優駿の門竣工

お問い合わせ先

博物館 電話:0146-28-1342 FAX:0146-28-1344  [お問い合わせフォーム]

お知らせ