MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 博物館・資料館・記念館 > 郷土博物館 > 大昔の浦河コーナー

大昔の浦河コーナー

出土した土器

◆続縄文時代前葉の土器
 日高地方の太平洋沿岸地帯を中心に分布する土器で、
 大狩部(おおかりべ)式と呼ばれています。
 潮見台遺跡出土

zokujoumondoki

◆続縄文時代後葉の土器
 北海道続縄文時代の代表的な土器で、後北(こうほく)式、
 江別(えべつ)式と呼ばれ、新しい段階には、注口土器も
 みられています。
 後列の2個体は朱彩されており、おそらく墓の副葬品と思
 われます。西舎遺跡出土

黒曜石でできた石器

◆石鏃(せきぞく)

◆石槍(せきそう)

◆石錐(せきすい)

◆石匙(せっぴ)

アイヌの人々のくらし

◆カパラミプ
 白布を切り伏せして、刺しゅうをほどこした単衣の木綿の着物です。

◆チセ(復元家屋)
 チセは屋根も壁も茅を使いました。      
 復元制作~北海道ウタリ協会浦河支部

お問い合わせ先

博物館 電話:0146-28-1342 FAX:0146-28-1344  [お問い合わせフォーム]

お知らせ