MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 博物館・資料館・記念館 > 郷土博物館 > 浦河の漁業コーナー

浦河の漁業コーナー

漁 具

◆蛸箱
 タコが穴に住む習性を利用したものです。
この箱を多数数珠つなぎにして海に沈め
ます。(谷崎盛広氏寄贈)

◆ウバガイとり具(桁網)
 河口に近い水深10メートルぐらいまでの砂地にいる
 ウバガイ(ホッキガイ)をとる道具です。写真の手前が
 前方になり、後方に網がつきます。

◆イカ釣り具
 烏賊角(いかづの)という一種の疑似針を60センチメートル間隔でたくさんつないで海に投げます。夜間光や火に集まる性質を利用してイカを集め、餌だと思って寄ってきた時に針を巻き上げるとたくさんイカが釣れます。(イカの種類は、マイカ、アカイカです。) 漁期は、7月~11月で、海岸から見る沖の漁り火が美しい季節です。

お問い合わせ先

博物館 電話:0146-28-1342 FAX:0146-28-1344  [お問い合わせフォーム]

お知らせ