MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 博物館・資料館・記念館 > 馬事資料館 > ヒンドスタン号

ヒンドスタン号

hindosutan

ヒンドスタン号(剥製)

父:ボアルセル(フランス産)
母:ソニバイ(イギリス産)
日本で五冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞・天皇賞・有馬記念)を達成したシンザンの父です。
ヒンドスタンは、昭和21(1946)年に、イギリスで生まれました。競走成績は6戦2勝で、アイリッシュダービーとセントジョージステークスを制しています。昭和24(1949)年に競走馬を引退し、昭和25(1950)年からアイルランドで種牡馬(しゅぼば)となりました。昭和30(1955)年、日高軽種馬振興会が日本初のシンジケート組織として輸入し、翌年から浦河町荻伏(おぎふし)の荻伏種馬所で供用が開始されました。
昭和36(1961)年から昭和40(1965)年までと昭和42(1967)・43(1968)年の計7度リーディングサイアー(そのシーズンにおいて産駒の獲得賞金額の合計が1位になること)を獲得し、産駒(さんく)の重賞勝利数113は、現在(平成23年)においてもサンデーサイレンスに次ぐ歴代2位となっています。昭和42(1967)年には日本中央競馬会より最優秀種牡馬の表彰を受けました。
昭和43(1968)年、横隔膜破裂により23才で死亡しました。

種牡馬成績(日本国内)

供用期間:昭和31(1956)年~昭和43(1968)年(13年間)
種付頭数:636頭
産駒数:454頭
重賞勝馬(中央競馬):46頭

主な産駒

  • シンザン(皐月賞・日本ダービー・菊花賞・天皇賞・有馬記念)
  • ハクショウ(日本ダービー・朝日杯3才ステークス)
  • シンツバメ(皐月賞)
  • オーハヤブサ(オークス)
  • スギヒメ(桜花賞)
  • ケンホウ(桜花賞)
  • ヤマニンモアー(天皇賞)
  • リュウフォーレル(天皇賞・有馬記念・宝塚記念)
  • ヒカルポーラ(天皇賞・宝塚記念)
  • ヤマトキョウダイ(天皇賞・有馬記念)
  • ダイコーター(菊花賞)
  • アサカオー(菊花賞)
  • ワイルドモア(皐月賞)
  • ウメノチカラ(朝日杯3才ステークス)
  • エイトクラウン(宝塚記念)

お問い合わせ先

博物館 電話:0146-28-1342 FAX:0146-28-1344  [お問い合わせフォーム]

お知らせ