MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 博物館・資料館・記念館 > 馬事資料館 > 馬事資料館の沿革

馬事資料館の沿革

 馬事資料館は、浦河町の主幹産業である「軽種馬(けいしゅば)生産」の歴史と馬産地における人と馬との関わりを知り、郷土の文化として理解を深めることを目的に昭和55(1980)年に開館しました。

 

馬事資料館の沿革
昭和55(1980)年  馬事資料館開館
昭和56(1981)年 博物館前に「優駿の門」完成
平成8(1996)年 シンザン追悼特別展「名馬シンザン号 栄光の蹄跡」展開催

お問い合わせ先

博物館 電話:0146-28-1342 FAX:0146-28-1344  [お問い合わせフォーム]

お知らせ