MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 浦河百話 > 浦河百話 第二編 明治の時代 > 浦河百話 ­第二編 明治の時代(第八話~第三三話­)

浦河百話 ­第二編 明治の時代(第八話~第三三話­)

牧歌時代の幕明け

 明治という時代は、平成から遠く隔たっていることもあって、何かすべてが霧を透かして眺めるようなもどかしさがある。
 海産物に恵まれ、早くから開かれた沿岸に対し、浦河の山野の開拓は明治四年から始まる。九州の天草(熊本)、大村(長崎)からの移民団約四十五戸の杵臼、西舎地区への入植がその始まりだった。
 昼なお暗い密林のなかで、熊や狼の出没に怯えながら大木を倒し、鍬を振う。粗末な草小屋で迎えた最初の冬は、南国育ちの彼らにとっていかばかりだったか。いかに開拓使募集の移民団とはいえ、その苦労は筆舌に尽しがたいものがあったろう。日高開発功労者事蹟録の中で、岡本仁五郎はこう結んでいる。
 「我々の唯一の楽しみは、酒を飲んで唄うことでありました」
 しかし十四年からは、赤心社の移民団が、西舎へ、そして荻伏へと次々に入植。個々の移住者たちの数も増え、ようやく開拓は軌道にのった。うっそうたる原始林は畑となり、暴れ川が治められ、水田が試作される。そして明治四十年。馬産地日高の礎ともなる一万町歩の大種馬牧場“日高種馬牧場”が開設されるのである。
 一方、海上は、海産物の運搬のため、早くから函館との間に航路が開かれていたが、積荷の切れる冬から春には船足が途絶え、その結果、移入に頼っていた米、味噌、正油も底をつくといった有様であった。この不便な状況を解決するために、西 忠義ら日高実業協会の尽力で、ようやく定期航路が開設したのが、明治三十五年のことであった。
 西 忠義は浦河(日高)支庁長として、また実業協会会長として、任期七年間を粉骨砕身の勤励ぶりで過ごす。特に本編では「日高実業協会」「明治の二つの魂」で西を取り上げる。またその施策のなかから「名産“日高節”」「荻伏小学校学校林」「西舎近藤町のにぎわい」などの物語が生まれている。
 入植者や浜での地道な努力は「万太郎と兵堤防」「絵笛愛心講」「黒松が見ていた開拓物語」「水稲事はじめ」「マスの豊漁博打の貧乏」などで詳細に語られている。一方こうした人びとを助けるように「アイヌの薬草と風呂」があり、他方でこの同じ人びとの悪しき側面を際立たせるような「和人から身を守るために」という実話もある。 

第八話 明治四年五月十三日―天草・大村移民団の上陸PDFファイル(104KB)

第九話 浦河小学校略史―北海道で四番目の小学校PDFファイル(98KB)

第一〇話 アイヌの薬草と風呂―まぼろしのキムンキキンニPDFファイル(86KB)

第一一話 赤心社―北海道開拓結社の夢PDFファイル(128KB)

第一二話 浦河海運事情―田中回漕店の時代PDFファイル(109KB)

第一三話 万太郎と丘堤防―天草移民の築いた川堤PDFファイル(121KB)

第一四話 日高実業協会―明治三十六年八月の日高博PDFファイル(120KB)

第一五話 和人から身を守るために―入れ墨禁止令以後の秘話PDFファイル(88KB)

第一六話 名産“日高節”―カツオ節を造っていた話PDFファイル(96KB)

第一七話 明治の二つの魂―西 忠義と田中正造PDFファイル(136KB)

第一八話 酒造りの記―村岸酒造店の盛時PDFファイル(117KB)

第一九話 絵笛愛心講-浦河農協のはじまりPDFファイル(100KB)

第二〇話 荻伏小学校学校林―森を育むこどもたちPDFファイル(92KB)

第二一話 黒松が見ていた開拓物語―旧荻小築山の黒松の由来PDFファイル(93KB)

第二二話 元浦河協会―開墾の地に讃美歌が流れてPDFファイル(128KB)

第二三話 浦河の都―仙台いさばのひとりごとPDFファイル(90KB)

第二四話 消えた柾屋根―失われた職人の物語PDFファイル(102KB)

第二五話 水稲事はじめ―幌別川米づくり覚書PDFファイル(118KB)

第二六話 村はずれの灯―芝居小屋周辺のひとびとPDFファイル(100KB)

第二七話 明治の漁師の見習い時代―浜の少年たちの四季PDFファイル(108KB)

第二八話 アサの見た浦河大火―町の八割を焼いた大火事PDFファイル(109KB)

第二九話 マスの豊漁博打の貧乏-マス延縄漁のいきさつPDFファイル(74KB)

第三〇話 定次郎略伝―アウトローの後半生PDFファイル(113KB)

第三一話 一攫千金の夢―遠藤初次郎の樺太渡島記PDFファイル(108KB)

第三二話 おスギ地蔵の由来―絵笛峠の悲劇PDFファイル(91KB)

第三三話 西舎近藤町のにぎわい―日高種馬牧場の建設PDFファイル(166KB)

お問い合わせ先

図書館 電話:0146-22-2347 FAX:0146-22-6683  [お問い合わせフォーム]