MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > 浦河百話 > 浦河百話 第四編 昭和前期の時代 > 浦河百話 ­第四編 昭和前期の時代(第六四話~第百話)

浦河百話 ­第四編 昭和前期の時代(第六四話~第百話)

繁栄と戦争の二十年

 昭和の初めから二十年八月の終戦までを、もし特徴づけるとしたら、浦河にとってそれは港の完成と戦争である。

  浦河港の建設は大正十年に始まり、昭和五年に完成した。これは浦河町にとって一つの頂点を極めたことで、十年に開通した鉄道よりも、当時の浦河人にとっては重要なことと受けとられていた。というのも、港の建設は明治以来の町の悲願だったし、農林水産物の移出にも、期待通りの大きな力を発揮した。この時期はまた、昌平町、大通り、常盤町、旭町、これに一番繁栄を享受した浜町、入舟町といった市街地がほぼ現在の形になった時期でもある。役所、病院、商店、住宅、歓楽街、交通、通信、娯楽など、町としての体裁は、機能としても設備としても日常生活に支障がないほど整っていた。その上、マグロ、イカ、イワシなどの記録的な漁にも恵まれ、稲も畑作物も造材も盛んに行われ、すべてが順調に拡大していた。これを受けて町にはバスが走るようになり、映画は大繁盛し、飲食店や飲み屋は人で一杯だった。新しい移住者も増え、新興の街のように人びとには意欲が漲っていた。浦河小唄というレコードを造る人もいたほどである。

 こうした気運に水をかけたのが、満州事変から太平洋戦争に至る一連の流れである。軍馬の需要拡大は確かニ生産農家をいちじるしく刺激したが、産業全体としての正常な発達は妨げられたといってよい。

 四十代以上の人なら、かつて町中に防空濠跡のあったこと、古い家には機銃弾の貫通した跡が、あちこちにあったことを覚えていよう。また五十代以上の人なら、長いあいだ浦河に軍隊が駐屯していたことは記憶にあろうし、訓練や生活ぶりも見知っているに違いない。「浦河駐屯軍略史」は、昭和十二年から二十年まで浦河に駐留した部隊の変遷を略述したものである。そういう状況であれば当然軍用機や艦船の事故も起こり、ひそかに特攻兵器を造ったことなども、秘話として一部の人びとのあいだで伝えられていた。これらのエピソードは、やはり書き残しておかねばならない逸話であった。

 暗い戦雲のなかから、ポカッと光が洩れてきたようなメルヘンの世界もある。「長さん地蔵の話」はまさにそうした一篇で、佐藤愛子著“うらら町字ウララ”の主人公トクさん、浦河の人なら知らぬ人とてない徳さんの父母の世界を描いて、同作の前篇をなしているかのごとくである。

第六四話 大漁の歌 ―日高沖マグロ盛漁の頃PDFファイル(100KB)

第六五話 実践女学校―駐在所でさがした入学者PDFファイル(99KB)

第六六話 発動機漁船組合―経営権を貸して下さいPDFファイル(85KB)

第六七話 酪農郷をもとめて ―荻伏のバター工場PDFファイル(119KB)

第六八話 浦河モグリの草分け―若き弥作の選択PDFファイル(98KB)

第六九話 浦河港―繁栄を用意した群像PDFファイル(104KB)

第七〇話 自動車運転助手―あこがれの遠い道PDFファイル(81KB)

第七一話 差し押さえられた金庫―浦河競馬の予期せぬ出来事PDFファイル(110KB)

第七二話 丸ビル―四階建ての雑居ビルPDFファイル(70KB)

第七三話 無砂昆布―日高昆布共販の幕開けPDFファイル(106KB)

第七四話 山の生活―飯場暮らしも楽しからずやPDFファイル(110KB)

第七五話 活動写真説明者―楓 一朗の華やかな日々PDFファイル(87KB)

第七六話 馬を買いに豪州へ―目利きの長平洋行ばなしPDFファイル(108KB)

第七七話 生のバカヤロー―荻小愛荻舎のこどもたちPDFファイル(130KB)

第七八話 三井軌道物語―森林鉄道が走った頃PDFファイル(100KB)

第七九話 浦河遊廓―田中楼の場合PDFファイル(130KB)

第八〇話 東京大相撲浦河場所―相撲は見たし金は無しPDFファイル(105KB)

第八一話 緬羊飼育のいきさつ―メリノー八頭からの出発PDFファイル(96KB)

第八二話 発車オーライ―お客さまは神さまですPDFファイル(87KB)

第八三話 まぼろしのレコード―浦河小唄の調べPDFファイル(90KB)

第八四話 床屋と髪結い―頭の始末は心の始末PDFファイル(112KB)

第八五話 イワシ巻網の顚末―オレの保証人になってくれPDFファイル(77KB)

第八六話 タコ部屋―渡り床屋が語った話PDFファイル(114KB)

第八七話 狩猟人生―野性の楽園にてPDFファイル(97KB)

第八八話 避病院―死ぬより怖い伝染病PDFファイル(102KB)

第八九話 荻伏村が経営した質屋―不評だった貧者の一灯PDFファイル(94KB)

第九〇話 産馬共進会の変転―戦争にまきこまれた馬たちPDFファイル(96KB)

第九一話 浦河港最大の惨事―木クズとなったマグロ船PDFファイル(97KB)

第九二話 浮世風呂―世相をうつす社交場PDFファイル(101KB)

第九三話 防空壕と空襲―戦争末期のひとびとPDFファイル(100KB)

第九四話 荻伏漁港の物語―村民の不本意な決断PDFファイル(97KB)

第九五話 軍用機遭難秘話―野深は飛行機が降ってくるPDFファイル(99KB)

第九六話 暁 部隊の殉難―ナゾの上陸部隊のゆくえPDFファイル(109KB)

第九七話 長さん地蔵の話―日高長やん まってらホイPDFファイル(99KB)

第九八話 浦河空襲―七月十五日の昌平町PDFファイル(94KB)

第九九話 水上特攻船を造った話―山口政一の戦争体験PDFファイル(75KB)

第一〇〇話 浦河駐屯軍略史―軍靴の音が通りすぎた十年PDFファイル(136KB)

お問い合わせ先

図書館 電話:0146-22-2347 FAX:0146-22-6683  [お問い合わせフォーム]