MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 浦河の旬のもの

浦河の旬のもの

ある人から「町長、浦河の4月5月で旬のものといったら何があるでしょう」と尋ねられた。「海産物だったらマスも旬だしウニもある。海藻のマツモとかも。山菜だったら行者ニンニクやタラの芽、ウド、コゴミ。畑では葉物も出てくるしアスパラなんかも・・・」その人は「いっぱいありそうですけど浦河らしいったら何でしょう」と突っ込んでくる。そこで私は答えに窮した。

 4月5月は希望の季節。新入学や新就職のニュースやら南から徐々に上ってくる桜前線の便りも楽しみの一つだ。それらのニュースと合わせるように海や山の春の恵みが、お店や家庭の食卓を賑わす。少し裏山や河原に行けば手軽に山菜を楽しめる。

 田舎の町ならではの特権を楽しんでいるが、改めてこの季節の浦河ならではの旬と尋ねられたら答えに窮してしまう。考え込んでいると、ふと唐突に「日高春ウニフォーラム」を思い出した。そうか、私が並べた春の恵みは日高共通の恵みなんだ。浦河1町といわず日高全体で旬を売り出せば、大きな力になるに違いないと。

 「日高春ウニフォーラム」は2月29日(水)午後1時から札幌にあるホテルガーデンパレスで開催されるが、このような取り組みを管内で力を合わせてほかの品目にも広げていけたらと思う。

 そういえば「日高春ウニフォーラム」は名前が「日高桜ウニフォーラム」も候補にあったと聞くが、この桜の時期にウニが水揚げされる数少ない地域だけに、後者のネーミングが絶対よいと思うのは私だけだろうか。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

お知らせ