MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 議員会館と電車の相互乗り入れ

議員会館と電車の相互乗り入れ

仕事がら上京して衆参の議員会館に赴くことも多い。羽田空港から都心に行くには、モノレール、バス、京急電車が主な公共交通機関だろうか。

自分の定宿が新橋なので、京急・都営地下鉄・京成の相互乗り入れの電車を利用すると、乗り換えることがなく便利なのでこの電車を利用することが多い。加えてプリペイドカード(Suica)を利用すると切符を購入しなくともよい。便利さと手軽さを実感している。

翻って衆参の議員会館。地下歩道で結ばれていて行き来できる構造なのに、そのルートを利用することはできない。X線検査や入管の手続きを済ませ衆議院議員会館の用務を終えると、いったん外に出て参議院議員会館で同じ手続きを踏まなければならない。

議員会館を管理する衆参両院にそれぞれ言い分はあるのだろうが、何とかならないものかと思う。特に雨の日や猛暑の日はつくづく感じるが、主権者たる国民が利用しやすい会館にできないものか。民間ができることをお役所ができない、わが町も衆参の議員会館のような行政をしてはいないか、他山の石として同じ轍を踏まないよう目配りをせねばと思う。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記