MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 山中毅さん逝去

山中毅さん逝去

メルボルン・ローマ・東京と3回のオリンピックで活躍し4個の銀メダルを獲得した山中毅さんが逝去された。敗戦後間もない日本で、古橋廣之進選手とともに「水泳日本」を支えてくれた方だった。今日の日本水泳界の隆盛は、お二人が礎のひとつとなっているのは間違いないと思っている。古橋さんの現役時代は残念ながら見聞きしていないが、山中選手は鮮明に記憶に残っている。

1960年、ローマオリンピックの時は自分は小学校3年生だった。ローマとは時差があるので早朝ではなかったかとは思うが、雑音交じりのラジオにかじりついてオーストラリアのローズ選手との激闘の400メートル自由形を聞いていた。今でもその情景や興奮した自分をよく覚えている。

運動はからっきしだめな自分であるが、大のスポーツ好きとなったのはローマ・東京(メルボルンは残念ながら記憶にない)と活躍した山中選手のおかげでもある。ラジオでオリンピックを聞いたつたない経験から、小中学校時代にスポーツや文化に触れることはとても大切なことと思っている。

ともすれば学力に眼が向きがちな昨今ではある。しかし、今更申し上げるまでもないがスポーツや文化は、人間形成において大切な役割を果たしている。小中学生の皆さんが「よく学びよく遊べ」るようさらに環境を整えたいと考えている。

山中毅さんの訃報をお聞きして、今も耳に残っている情熱的なラジオの実況放送を思い出し、自分をスポーツ好きにしてくれた山中さんに感謝し心よりご冥福をお祈りいたします。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記