MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > こどもの持つ力

こどもの持つ力

友好交流都市「天草市」の合併十周年記念式典にお招きいただいた。二泊三日のあわただしい日程であったが、議長ともども出席させていただいた。福岡~天草のコミューター航空が霧のため欠航となり、博多から九州新幹線で急きょ熊本市に向かうというハプニングもあった。熊本市内でははからずも車窓からではあったが、今回の地震の大きな爪痕を垣間見ることができた。

かわら屋根のかわらが落下してブルーシートで応急処置をしている家屋が多かった。かわら工場も被災しかわら職人も不足して、修理にまだまだ時間がかかるとのことだった。改めてお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、一日も早い復興復旧を願わずにいられない。

ところで、参加させてもらった記念式典には感動した。まず会場のお出迎えは市内の大勢の小学生。会場受付は中学生。最初のアトラクションは吹奏楽の全国大会に参加する本渡中学校。結びのアトラクションは牛深高校の郷土芸能部による「牛深ハイヤ踊り」であった。まさに天草市内の小中高生が晴れの式典の主役であった。

そんな場面の一つ一つに感激しながら式典に参加させてもらった。こどもたちの笑顔や元気といった力やエネルギーは、まちづくりというよりも人々に夢や希望を与える力があると感じた。そんなことを思いながら素晴らしかった式典を思い出し、これからの天草市とのおつきあいをさらによりよい方向にと思案している。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記