MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 田園文化

田園文化

先日、浦河町総合文化会館で開催された、町内在住の音楽家「立花泰彦」さんのジャズグループTKOの演奏会を聴きに行った。ゲストとしてボーカル・ピアノ・タップダンスの3人の女性の奏者が招かれ、計6人による素晴らしく充実したセッションを楽しむことができた。立花さんが浦河に来てから好きなジャズの生演奏に触れられる機会が増えてうれしく思っている。

考えてみれば大都市から遠く離れた小さな田舎町に彫刻家の堀敏一さん、写真家の内藤律子さん、漫画家の鈴木翁二さん、ジャズベーシストの立花泰彦さん、夏だけではあるが小説家の佐藤愛子さん等々、そうそうたる顔ぶれがお住まいになっている。我が町の魅力は住み慣れた私たちには気づかないポテンシャルがあるのではないか。

東京浦河会や札幌浦河会はじめ多くの方々から、浦河はさまざまなことでお褒めの言葉をいただく。しかし浦河に住む私たちはふるさとの魅力を自分たちも気づいていないようにも思う。、特に若い世代に気づいてもらうためにどうしたらよいか。これからは都市との交流の時代だ。都市から人を呼び込むためには、まずは自分たちがふるさとの魅力に気づかなければならない。ここは私たち大人の踏ん張りどころではないか。ジャズのメロディに身をゆだねながらそんなことを考えた。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記