MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 親離れの季節

親離れの季節

今年はずいぶんとヒグマの出没の話を聞く。私事であるが我が家は海の近くで国道の海側にあり、160軒余りの集落の中にある。そこにこのひと月で4回も熊が出没した。いずれの目撃情報でも小熊より一回り大きい程度の大きさというので、推測だが同じ個体で親離れして間もない個体と思われる。散歩も山沿いの道を避けてしている人が多いようだ。

また、浦河町内のある団地では物音がするのでドアを開けてみたら、熊がゴミを目当てにゴミステーションを壊そうとしていたということもあったようだ。今年は山のドングリなどもそれなりの実の生り方のようだが、この熊の目撃情報の多さはどうしたことだろう。

熊・エゾシカ・アライグマ・キツネ・タヌキ等々、自然が豊かというべきか熊などと人間の空間が狭まっているととらえるべきか、出没情報を聞くたびに万が一がないことを祈らずにいられない。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記