MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > ガラパゴス

ガラパゴス

ダーウィンの「ビーグル号航海記」を読んで感激したのは、中学生のころだったと思うが記憶は定かではない。進化論の舞台となったガラパゴス諸島、かっては生物が独自の進化を遂げた島としてダーウィンの島として世界の関心を集めていた。しかし、昨今の日本での「ガラパゴス」という表現は、ともすれば善意に満ちた取り扱われ方ばかりではないと感じている。

その一例が「ガラケー」なる従来の携帯電話への表現、日本独自の進化への疑問があらわされているような使われ方のような気がする。それはかって世界一とも評価されていた日本の電機産業が、台湾や中国、韓国などに追い上げられあるいは追い抜かれた、自信喪失の裏返しの感情なのかもしれない。

しかしながらその一方で、従来の携帯電話は依然として根強い人気がある。また、外国では日本のガラパゴス文房具(独自に進化を遂げた文房具)をはじめ洗浄機付便座、電気炊飯器などが人気を博しているとも聞く。

ガラパゴスと評される日本独自のもの、あるいは日本独自に進化したものは工業製品ばかりではない。相撲や空手柔道あるいは生け花や茶道などスポーツや文化をはじめ、今国民的議論となっている日本国憲法など実に多岐にわたっている。それをあえて世界標準に合わせる必要があるのか、あるいはオリジナリティあふれる日本独自のものとして堅持し進化させていくのか、ここはじっくりと議論を深化させて一人一人が熟考しなければならない。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記