MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 異物混入

異物混入

我が浦河町の基幹産業の農業と漁業、偶然ではあるが相次いで「異物混入」について考えさせられることがあった。

まず漁業であるが、浜の皆さんと連れ立って釧路地方を視察した。五つの浜からおのおの2~3人づつ各団体役場と総勢18人で、最初に視察したところは昆布森漁協。そこでは重量を計測し等級別に自動で選別する機械を視察した。作業時間が半減するとのことであった。

次に視察したのが浜中漁協。そこでは駄コンブにX線を当てて小石などの異物を見つけて取り除いている。より安全なコンブを提供するため実施しているが、弱点もあって軽いゴミは発見がむずかしいとのこと。いずれにしても購入者により安全なコンブを届けたいという気概を感じることができたし、日高コンブも品質競争で負けてはいられないという思いを強くした。

次に農業であるが、月曜日に東京出張の合間を縫って、浦河産イチゴの取引先である仲買のジャパンフレーズと、エンドユーザーである銀座コージーコーナーに表敬訪問にお伺いした。コージーコーナーの本社の受付で驚いた。張り紙があり「異物混入防止のため、ホチキスで止めた書類の持ち込みはご遠慮ください」とあった。製菓工場でも売店でもない、本社にである。

このような厳しい品質管理をしている会社と取引できていることは、別の意味ですばらしいことである。そこで厚かましいお願いをした。「ぜひともこのような厳しい品質管理を生産者にも見てもらい、自分たちのイチゴがどのように大切に扱われているか、さらに誇りとやりがいを持って生産してもらいたいので、ぜひとも工場を視察させてもらいたい」。コージーコーナーには快諾いただいたので、イチゴ生産者のみなさんに働きかけたいと思う。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記