MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 別れと出会い

別れと出会い

毎年のことだが4月1日前後は別れと出会いの時である。数多の人たちが家庭や職場、学校などで知友人とさまざまな別れと出会いを経験しているに違いない。わが職場でも先日、今年度を持って退職する職員の送別会があった。今年は同じ年に役場に奉職した人も定年となり、私にとっても感慨ひとしおのものがあった。

そして、今日は新たに同僚となる新入職員の辞令の交付式があった。「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」と言われ自分なりに承知はしているものの、毎年この季節になると特別な心持となるような気がする。特に新入職員は平成生まれが大半である。自分が30代後半から40代前半に生まれた人が新入職員として入庁してくるのである。

地方の自治体が抱える多くの課題そしてその解決のためには、新入職員に早く一人前になってもらわなければならない。同時に若い人たちが持っている感性を、錆びらせることのないような心配りも幹部職員には期待したい。少ない職員数であれもやれ、これもしてくれが小さな自治体の宿命でもあるから一日も早く即戦力になることを強く期待している。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記