MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 今年のコンブ漁

今年のコンブ漁

浦河町の今年のコンブ漁は、井寒台地区が今日から始まり五か所の浜すべてで採取が始まった。各浜ともコンブを採った人たちの感想では豊作とのこと。今朝は東栄地区と井寒台地区ふたつの浜を歩き、干場に干しているコンブを見たが、コンブが若く長いことは事前に予想されていたとおりだった。

それでも昨年が記録的な不漁だっただけに、今年のコンブの豊作で丘回りの作業をする皆さんにあいさつを交わしても笑顔が多かったのがうれしい。私は漁師の家に生まれで「大漁貧乏」とやゆされても、魚は大漁でコンブは豊作のほうがうれしい漁業者の気持ちがよくわかる。もちろんコンブの値段が、厳しいコンブ漁の労働に見合った価格を維持してくれることを強く願っている。

コンブ漁に関しては気になることは多々あるが、近年豊作と不作の年が交互に現れることや、深場(ねじり場と言われる)のコンブの生育が悪くなっていることなど生育に関すること。そして何よりも後継者の問題など個々の経営体だけでは解決しにくい課題も増えている。浜を歩きあいさつを交わしながらそのようなことを考えていた。

ともあれ、この何日かの漁によってコンブが間引きされて、かつコンブが抜けるほどの時化もなく実入りがよくなることを期待している。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記