MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 目指せオリンピック

目指せオリンピック

昨日今日と二日続けて素晴らしいニュースが飛び込んできた。長野市のエムウェーブで開催されていた「全日本スピード距離別選手権」で浦河ゆかりの二人の選手が大活躍したのだ。

まずウイリアムソン師円選手(浦河2中出身)が26日の5,000Mで優勝。また3位に浦河小でスケートをしていた小川拓朗選手が入賞。高校生が表彰台を独占したのみならず、表彰台の1位と3位を浦河ゆかりの選手が占めるという快挙を成し遂げた。

さらに若い二人の勢いは止まらず、翌27日にはウイリアムソン選手が3,000Mで国内最高・リンク新・大会新で優勝。加えて10,000Mでは小川選手がもっとも古い記録だった国内最高記録(13年前にソルトレークシティオリンピックで4位入賞の白幡選手が持っていた)を、見事に塗り替え優勝した。

二人はW杯前半戦に日本代表として出場することが決定したが、伸び盛りの二人であるから世界戦で学びあるいは世界の技術を目の当たりにして、さらに大きく成長してほしい。できうればソチで開催される「オリンピック」に出場してほしいと心の底から願っている。がんばれ浦河の星

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記