MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > うれしい結婚式

うれしい結婚式

招かれて農業後継者の結婚式の披露宴に出席した。このカップルは前日に開催された我が町のイベント「シンザンフェスティバル」で馬上結婚式を挙げ、翌日披露宴をアエルで執り行ったという次第。花嫁は本州の出身。はるか北国の我が町の一次産業の後継者に嫁いでもらい、本当にうれしいし感謝している。そしてまた町が力を入れている、農業後継者の婚カツ「グリーンパートナー」で知り合い結ばれたこともうれしかった。

新郎は町が力を入れている「イチゴ栽培」に取り組んでいる農家の後継者である。祝賀会に出席した近隣の農家の方々も、高齢化が進んでいる地域に若いカップルが誕生したことを、我がことのように喜んでくれていた。

一次産業に後継者不足が言われて久しい。もちろん収入や農林漁家になるための制度など様々な要因があろう。しかし、この一次産業の魅力と必要性をわたしたちは再認識する必要があると思う。国民の命を守る食糧生産、そのことがあまりにも軽んじられてはいないだろうか。食料自給率が4割を切るという国が、さらに自給率を押し下げる要因となる、TPPなどに参加することの必然性があるのだろうか。そのことが一次産業に従事しようという、若者の意欲をそぐ要因ともなっていることを懸念している。

いざというときの食糧非常時の備えは果たして大丈夫だろうか。すでに他の国に一部の食料の買い付けで競り負けることも多いと聞く。国民の命を守る食糧安保の意味合いからも、農林漁業はしっかりと育て守って行かなければならない。はじけるような笑顔の若い二人を眺めて、わが町の一次産業をどう守り育てるか思いと決意を新たにした。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記