MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > ど根性やなぎ

ど根性やなぎ

昨日のこと浦河港を歩いていたら、中央埠頭の漂流物を堆積している場所が目についた。震災のあとは本当に様々なものが海を漂流していて、拾い上げたり定置網にかかったりし大量に堆積されていたが、今はそれも落ち着いて川から流された木が網にかかったものが多い。船にとっては危険なので陸揚げして堆積いるのだ。

ふと目をやるとドロヤナギのような木から新芽が芽生えている。川から流され海を漂い、オカに上がって新芽を出したようだ。川にあった頃の新芽はすでに茶色に変色しているが、その後に新たに芽吹いたようだ。たまに海岸を散歩していると、大雨の後に海岸に打ち寄せられたドロヤナギが新芽を出していることもあるから、元来塩分には強い樹種かもしれない。

それにしてもその生命力の強さにあらためて感嘆し、新芽の出ている枝を折って持ち帰り町長室に飾っている。根が出てきたら植えてそのたくましさとど根性に敬意を表そうと思っている。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記