MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 身心を調える

身心を調える

我が家の菩提寺はえりも町にある法光寺である。そこの住職を務められている佐野俊也氏(僧名は太奇俊也氏)が「身心を調える」という本を日本実業出版社から出版された。

内容は「禅的習慣が身につけば毎日の生活が不思議と変わる」と帯に記載されている。一読すると行政が一線を画しなければならない、いわゆる宗教本とは違う内容なので(と私は理解したので)この町長日記で紹介させていただく。内容は第1章 身体を調える 第2章 呼吸を調える 第3章 食を調える 第4章 生活を調える 第5章 環境を整えるとなっていて気軽に読める内容となっている。

なかでも第3章のなかに、仏教には「中道」という考え方があります。もともとは、「互いに対立して矛盾する二つの極端な概念に偏らない実践や、認識の在り方」を言います。とあって自分が常日頃、町を預かる身として行政の進め方で心がけている(未熟者なので完全履行はできていませんが)こととまったく同じで意を強くした。

尊敬する元浦河町長の故濱口光輝氏が生前幾度か私に「町長というものは公平に平等にといくら心がけて実行しても、公平じゃない平等じゃないと言われるものだけれども、公平平等を旨としてがんばりなさい」と励ましてくれた。このことを胸に刻んで公平に平等に、極端に偏らない実践を心がけて日々努力しているつもりだが、町民の実に多様な声を前にして未熟者が目指す「中道」の道のりは遠い。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記