MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > TPP雑感

TPP雑感

TPP交渉参加の方向性だった民主党政権から、聖域無き関税撤廃反対の自民党政権となった。これでTPP交渉参加に少しは時間的余裕ができ、議論の深堀がすすむるものと期待していた。しかし安倍総理大臣の訪米してオバマ大統領と会見以来TPPの交渉参加問題は、国民的議論も少なく急激的に前のめりに進んでいることに危惧している。

我が浦河町はもちろんのこと北海道は農産物や水産物などの一次産品の生産が盛んであること。TPP参加で当町の主要産業である軽種馬生産への影響があまりにも大きいといったことももちろんある。

それに加えて、国民健康保険制度や医療や薬、生命保険などの分野での情報があまりにも少ないことも大きな気がかりだ。アメリカの大きな保険会社や製薬会社が、自由診療について要求してくることは容易に想像できるし、結果として国民の命が現在以上にお金のあるなしで差がつくようではいけない。

まだまだ、様々な分野で多くの国民が不安を持っていると思う。経済界の要求丸呑みでT、PPに関して幻想をふりまいて拙速に進めるのだけは何としても避けなければならないし、阻止をしなければならない。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記