MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 蛇口を絞る

蛇口を絞る

医師や看護師など医療技術者の不足は命と直結するだけに、とりわけ浦河町などの地方では深刻な問題だ。我が町でもその確保に浦河赤十字病院と協力し、あれこれ知恵を絞っているがなかなか結果は出ない。

医師の不足は研修医の研修制度が大学医学部の医局から、大きな病院でも研修可能となったことが大きな要因のひとつとなっている。大都市の大病院が研修医を集めるので医局でさえも研修医が不足し、地方の病院や診療所に派遣できる余裕がなくなりつつあることが大きい。研修制度の変更の方向性に異論はない。ただ一点、地方の医師不足という現実を見ないで理想に走ったのではないか。

看護師不足も同様だ。看護師の配置数が診療報酬に反映する制度になったことにより、都市部の大病院がこぞって看護師を募集し地方から看護師を吸い上げて行く。田舎の病院は看護師が不足し結果として勤務シフトがきつくなり、それが看護師不足に拍車をかけている。にもかかわらず、看護師の資格取得は難しくなる方向とのことだ。

今度はケアマネージャーの受験資格も厳しくなるようだ。大都市部でのケアマネの充足率は知らないが、町村部ではまだまだ不足のところも多い。なぜ、大都市の物差しだけで人材供給の蛇口を絞るのか。ことは命に関わる問題なのだから地方の現状も十分把握した上で判断してもらいたい。できうるならば十分に人材供給されるまでの間、時計の針を巻き戻してほしいと切に願っている。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記