MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 海藻雑感

海藻雑感

新潟市を訪れたときのこと、夕ご飯を食べようと一人で居酒屋に入った。郷に入ったのだからと新潟らしいつまみと新潟の地酒を頼み食事をとっていると、カウンターの上に張られた「佐渡名産幻の海藻の酢の物」と書かれた紙が目に入った。・・・幻の海藻・・・ここはひとつ何はともあれ試食しておかねばと頼んでみた。店員に尋ねると佐渡でも量があまり採れない貴重なもので、採った後一年間塩漬けしそれから調理するとのこと。

楽しみに待っていると仰々しく出てきた幻の海藻。うーん、これはどう見てもここら辺りでいうところの「おとこマツモ」とそっくり。食べてみるとおいしいことはおいしい。残念ながら日高では「おとこマツモ」を食べないから自分も味は知らない。(食べている人がいるかも知れませんが)姿形は似ていても違うものかもしれない。帰ったら漁師の友人に頼んで「おとこマツモ」を採って塩漬けにしてみよう。旨かったら浦河の名物になるかもと考えていたがすっかり失念していた。

今日の昼休みに港を散歩していて、すっかり袋状になったふのりやら伸びたマツモを見て、新潟の一件を思い出した。今からでは遅いかもしれないが頼んでみよう。ところ変わればの話であるが、北海道では細く短い「寒ふのり」が珍重されるが、秋田県あたりではみやげ物屋に並んでいるのははちきれんばかりに膨らんだものを乾燥した「袋ふのり」である。寒ふのりの歯ごたえや磯の香りも良いが、袋ふのりのとろみ感もたまらない。一晩置いたライスカレーとふのりの味噌汁は絶品と自分はひそかに思っている。

ふのりの味噌汁を飲むと思い出すのは昔、祖母に連れられて夜に懐中電灯で磯に行き寒ふのりを採ったときのこと。指先のしびれるような冷たさで、早く家に帰りたい一心で一生懸命ふのりを採ったものだ。消費者の皆さんにはおいしいみそ汁の陰にある、生産者の努力も味わってほしいと願っている。残念ながらTPPの議論一つ見ても、すべからく価格だけが評価されているような心の寒くなるような時代だ。昆布やふのりといった海藻類の生産はもちろんのこと、農林水産業の各分野の食糧生産で頑張っている生産者、そしてその食料に込められている労働がもう少しきちんと評価されてほしいしそうなることを願っている。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記