MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 浦河混声合唱団

浦河混声合唱団

土曜日は午前中にふたつの告別式に出席した。そして、午後からは前から楽しみにしていた浦河混声合唱団「木曜会」の定期公演を妻と二人で聞きに行った。期待どおりの素晴らしい公演であり、半世紀を越える息の長い活動の歴史を感じさせてくれた歌声だった。当日の会のメンバーは男性11人女性13人の24人であった。

客席で歌声に酔いしれながら、ふと気付いたことがふたつあった。ひとつは日高振興局の職員の皆さんがメンバーに多いことだった。もちろんありがたいことであるが道職員として全道を転勤して歩いた経験から、いわゆる浦河の文化活動の充実度は他の町と比べてどんなものなのだろう。ぜひとも生の意見を伺ってみたいものだ。そして、わが役場の職員の姿がなかったことが残念であった。とは言っても音楽の実技の苦手な自分が、職員にメンバーとして参加の推奨をするのも何となく気が引ける面もある。

そしてもうひとつ。メンバーの高齢化である。木曜会も他の文化団体やスポーツ団体に限らず自治会や職場のサークルを含めてもメンバーの高齢化は著しい。若い人が入会しないので自然と高齢化が進むのは共通の悩みだと思う。

あらためて、若い世代に訴えたい。自治会活動でも文化スポーツ活動でも職場の飲み会でも、サークル活動やJCとか青年部活動でもなんでも良いから団体活動も少しは挑戦してほしい。スマートフォンやモバゲーでは味わうことのできない、リアルな人間関係が経験できてそのことは必ず人生の肥やしになると思う。20代や30代の少ない演奏会を聴いていてそんなことが頭に浮かんだ。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記