MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 障がい者福祉 > 療育手帳などの交付 > 療育手帳

療育手帳

日常生活に支障が生じる知的障がいのため、医療・教育・福祉などの面で、特別な援助を必要とする方に手帳が交付されます。
また、障がいの程度により「A」(重度)、「B」(中度・軽度)に区分されます。
 この手帳を持つことにより、いろいろな福祉サービスや助成を受けることができるようになります。

申請に必要なもの

 手帳の交付申請をする前に、専門機関(18歳未満は児童相談所、18歳以上は道立心身障害者総合相談所)で判定を受け、障がいが認められると申請手続をすることができます。
  療育手帳の各種手続には、次の必要なものを保健福祉課福祉係まで提出してください。

新規申請

障がいの判定を受け、はじめて申請するとき

変更申請(再判定)

再判定により、障がいの程度が変更したとき

変更申請(住所など)

住所地を変更したときや、氏名が変わったとき

※  転出したときは、転出先の担当課で手続してください。

再交付申請

紛失・破損したときや、記録欄に余白がないとき

手帳の返還

障がい者本人が死亡したときや、手帳を必要としなくなったとき

お問い合わせ先

保健福祉課 電話:0146-26-9003 FAX:0146-24-2410
(土曜、日曜、祝日、12月31日~1月5日を除く午前8時30分から午後5時15分まで)  [お問い合わせフォーム]

ホームページに関する、みなさまのご意見をお聞かせください。
なお、ご意見やご質問は、上記のお問い合わせフォームよりお願いします。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

お知らせ