MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 高齢者福祉・医療 > 高齢者福祉サービス > 緊急通報システムの設置

緊急通報システムの設置

 町内のひとり暮らし高齢者で、身体状況などにより急病や転倒事故などの緊急時の安全確保が必要な方に、緊急通報端末機を設置しています。また、システム設置者には、週1回電話による声かけ・安否確認のサービスも合わせて実施しています。
 病や緊急事態において迅速な救助活動を行うことで、利用者の安全確保と精神的不安を解消しています。

緊急通報のシステムのしくみ

きんゆうきゅうつうほうのながれ

対象者

対象者は健康状態や身体状況、日常動作などで緊急的な安全確保が必要なひとり暮らしの高齢者(設置の決定には事前に調査が必要になりますので、お問い合わせください。)

設置の条件
  • 緊急時に利用者宅に急行できる協力員2名の登録が必要です。
  • 機器の設置は、配線工事などの住宅内部工事が必要となるため、住宅内部の改修に同意いただくことが必要です。(設置する住宅が借家の場合は、家主の承諾が必要となります。)
電話機の設置

専用電話機の設置費は、町が負担します。

通話料

毎月の通話料は、利用者の自己負担となります。

申込み・相談先

保健福祉課高齢化対策係もしくは浦河町地域包括支援センターへご連絡ください。

お問い合わせ先

保健福祉課 電話:0146-26-9003 FAX:0146-24-2410
(土曜、日曜、祝日、12月31日~1月5日を除く午前8時30分から午後5時15分まで)  [お問い合わせフォーム]

ホームページに関する、みなさまのご意見をお聞かせください。
なお、ご意見やご質問は、上記のお問い合わせフォームよりお願いします。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

お知らせ