MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 出産・子育て > 妊娠・出産・育児 > 母子健康手帳をもらうには

母子健康手帳をもらうには

母子健康手帳は

  妊娠がわかったら、必ず妊娠届を提出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。母子健康手帳は、妊婦健診やお子さんの健診、予防接種など、妊娠中からのお子さんとお母さんの記録として大切に保管してください。

母子健康手帳をもらうには

  • 病院を受診し、母子健康手帳をもらうよう医師の指示を受けてから、母子健康手帳の手続きをしましょう。
  • 交付時に個人番号の確認と本人確認を行ないますので、出来るだけご本人が窓口に来てください。ご本人が来られない場合は、夫や家族の方に届出をしてもらいましょう。この場合は、後日、保健師が電話などでお話することがあります。 
  • 届出に必要な妊娠届と妊婦アンケートの様式、ご本人が来られない場合の委任状は、このページの下のリンクからダウンロードできます。
  • 届出をすると、母子健康手帳が交付されます。さらに、妊娠期の健康管理のため、定期健診料金の助成します。(妊婦一般健康診査受診票を14枚、超音波検査受診票6枚をお渡しします)
  • 面接時には、妊娠・出産についての相談も実施しています。

持ち物

  • 個人番号カード(または通知カード)
  • 運転免許証等、顔写真がついた身分証明書(個人番号カードが無い場合必要になります)
  • 印鑑                                                                               

※ご本人が届出に来られない場合、下記の持ち物が必要になります

  • 委任状
  • 代理人の運転免許書もしくは個人番号カード
  • 委任者の個人番号カードもしくは通知カード(いずれも写しでも可)                                            

上記の証明書などが無い場合は、保健センターまでお問い合わせください。

妊婦一般健康診査の受診票をお渡ししています

  • 母子健康手帳交付時に、妊婦一般健康診査・超音波検査の受診票をお渡しします。平成21年度からは、妊婦一般健康診査は14回、超音波検査は6回の助成となっています。(助成回数は妊娠届出時の週数によって増減することがありますので、医師から母子健康手帳をとりにいくようにつげられたら、早めに届出ることをお勧めします。)
  • 妊婦一般健康診査を受ける時には、受診票および母子健康手帳を必ず定められた医療機関にお渡しください。
  • 受診票は下記のとおりです。
受診票の種類 標準的な受診期
第1回目 妊娠8週前後
第2回目 妊娠12週前後 超音波検査
第3回目 妊娠16週前後
第4回目 妊娠20週前後
第5回目 妊娠24週前後
第6回目 妊娠26週前後 超音波検査
第7回目 妊娠28週前後
第8回目 妊娠30週前後
第9回目 妊娠32週前後
第10回目 妊娠34週前後 超音波検査
第11回目 妊娠36週前後
第12回目 妊娠37週前後 超音波検査
第13回目 妊娠38週前後 超音波検査
第14回目 妊娠39週前後 超音波検査

受診票の注意点

  • この受診票は、浦河町に住所があるご本人以外は使用できません。転出する時には「保健センター」へ受診票を戻してください。その後の転出先の市町村へ申し出て、手続きを行ってください。
  • 道内の医療機関であれば、どこでも利用することができます。
  • 道外で出産される方は、事前に「保健センター」へご連絡ください。
  • ご本人以外の方が母子健康手帳交付の申請に来る場合、「委任状」が必要になります。下記のリンクからダウンロードしてください。

 

『子育て応援グッズ配布事業について』

浦河町では、母子保健事業に参加した方を対象に、子育て応援グッズを配布します。

詳しくはこちらをご覧ください。

ぼしてちょう


ダウンロード(新しいウィンドウを開いて表示します)

お問い合わせ先

保健センター 電話:0146-26-9004 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

ホームページに関する、みなさまのご意見をお聞かせください。
なお、ご意見やご質問は、上記のお問い合わせフォームよりお願いします。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

お知らせ