MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 出産・子育て > 子育て通信「えがお」 > 2011年 > 「えがお」2011年5月号

「えがお」2011年5月号

 4月6日(水曜日)わんぱく広場『はじめましての会』は、3グループ合同(うさぎグループ、りすグループ、ありグループ)で行い、23世帯29人の参加がありました。子育て支援センターの職員紹介から始まり、人形劇「おおきなかぶ」をお母さんと一緒に観賞したり、ウエイブバランスボードコーナー、小麦粉粘土コーナー、新聞遊びコーナー、赤ちゃん玩具コーナーに分かれて、みんなで楽しくあそびました。

5月のわんぱく広場は、お散歩に出掛けます。堺町児童館に一度集合してから「ふれあい公園」までお出掛けします。途中から参加の家族は、直接「ふれあい公園」にお越しください。どうか、お天気になりますように・・・。

また、今月号には保育所開放事業「あそびの森」の年間予定も載せていますので、合わせてご覧ください。子育て通信「えがお」と一緒にパンフレットもご用意しています!!

こいのぼり

小麦粉粘土コーナー

小麦粉粘土コーナー

ウエイブバランスボードコーナー

ウエイブバランスボードコーナー

新聞あそびコーナー

新聞あそびコーナー

赤ちゃん玩具コーナー

赤ちゃん玩具コーナー

スタッフからのご挨拶と紹介

子育て支援センター主任相談員 安田こず恵です。

今年度も子育て支援センターでお世話になります。昨年度は、あそびにきたお母さん、お子さんからたくさんの笑顔をいただきました。お子様の成長を、ご家族の皆様と一緒に感じ、喜び、子育てについて一緒に考えていけたらいいなと思います。

ご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、また一年よろしくお願い致します。


子育て支援センター主任保育士 岩見加代子です。

 7歳と5歳になった娘がいます。私も子育て真っ最中ですので、お母さん達とお話をしていきながら、子育てについて一緒に考えていきたいと思います。また、たくさんん親子に出会い楽しく過ごせたらいいなと思います。どうぞ、よろしくお願いします。


子育て支援センター主任相談員 西川千絵です。

 堺町保育所から異動になり4月からは子育て支援センター相談員となりました。まだまだ未熟な私ですが、笑顔で精いっぱい頑張りたいと思います。昨年度から顔なじみの親子さんも、「初めまして」の親子さんも、どうぞよろしくお願い致します。


  • わんぱく広場や、わくわくランドでお世話になります。子育ての経験があり、ベテランの駒沢ゆかり 保育士です。
  • 栄養バランスや離乳食、食生活についてはお任せください!わんぱく広場やわくわくランドでお聞きしたい事があればお声を掛けてくださいね。前田玲子 栄養士です。
  • 日頃より、むし歯予防教室や乳児相談でお世話になっておりますが、子育て支援センターの事業の中でも相談にのりますので気軽にお声を掛けてください。竹内みどり 歯科衛生士です。
  • いつもニコニコ笑顔でお答え致します。若いお母様方の強い味方!!松枝美喜 保健師です。

以上、安田より紹介させて頂きました。皆様、一年どうぞよろしくお願い致します。

5月号 『絵本紹介』

こどものとも012「おさかな いっぱい」

増田 純子 作

 赤いおさかな、青いおさかな、黄色いおさかな。1ぴき、2ひきと増えて・・・。最後は、おさかないっぱい!色鮮やかな3色の魚が目にも楽しく、くっきりとした色と単純化された点が魅力の貼り絵の絵本です。

次回予告!!
「ぺろぺろりん」
小野寺 悦子 文・林 なつこ 絵 

こどものとも年少版「ピーン」

古賀 充 作

 クシャクシャしたものがあります。次のページを開けると、ピーンとしたシャツ!このくり返しで、さまざまな「クシャクシャ」「ピーン」が登場します。これを、なんと紙で表現しています。美しい切り絵の絵本です。

次回予告!!
「まてまて タクシー」
西村 敏雄 作

家族の健康づくり週間「子育て講座のご案内」

日時

6月1日 10時~12時

場所

保健センター 和室

内容

 絵本広場

毎月、図書館で行っている 赤ちゃん絵本広場を行います。

手作りおもちゃコーナー

子育て支援センターの手作りおもちゃ紹介や、簡単なオモチャづくりを します。

(注1)絵本広場・手作りおもちゃコーナーは、予約の必要はありません。ご自由に参加してください。
(注2)景品や手作りおもちゃなど、持ち帰る物がありますので、マイバックをご用意ください。

『目覚め力』がつく「朝の簡単トレーニング」

ちゃんと目覚めるためには何をすればいいの?

1.朝起きたらカーテンを開けて、太陽の光を浴びる!

太陽の光によってセロトニン神経が刺激され、活動を開始します。

2.リズム運動を毎日行う!
  • 歩行リズム
  • 呼吸リズム運動
  • 咀嚼(そしゃく)リズム運動

お日様のイラスト

朝は誰しも目覚めますが、その目覚め方として『ちゃんと目覚める』のと『ボーっと目覚める』のとでは、その後の1日の過ごし方に大きな差が出てきます。もし、うまく目覚められていないと、何事にも意欲がわかず、集中することも出来ません。『ちゃんと目覚める』鍵となるのは、セロトニン神経のはたらきを活性化させることです。

セロトニンが作られるのは朝!

朝日が昇るとともに作られ始めます。セロトニンが活性化された状態だと、自然と意欲がわいてきたり、集中力が高まったりと、『頭のいい子』が育つ基盤がしっかりと形成されるのです。

早速 明日から親子で早起き習慣を始めてみませんか?

運動をしているイラスト

しっかり噛んで脳に刺激!「咀嚼リズム運動 」

しっかり噛むという習慣は、脳に刺激を与える大切なリズム運動です。特に、少し固めの食べ物(ご飯であれば玄米、パンであればライ麦入りのものなど)がお勧めです。また、食物からセロトニンの活性を高めることも出来ます。

口を動かし、声を出す!「呼吸リズム運動」

子どもにお勧めの呼吸リズム運動は、声を出して本を読むこと。読む材料としては、意味のわからないものであればあるほどよいでしょう。和歌や論語など、リズミカルなものを、毎朝音読してください。

太陽を浴びてきもちよく!「歩行リズム運動」

朝起きたら外に出て、体を軽く動かしましょう。ウォーキングでも、自転車でも、好きなものでかまいません。ポイントは疲れないこと!長くても30分が限度です。部屋の中ですと、スクワットもお勧めです。

忙しいお父さんお母さん、自分の体も大切・・・

 働き盛りや子育て中の方は、忙しさのため「自分の健康のことは後回し」にしてしまうことが多いのでは?まずは、自分の体の状態を知ることが大切です。健康について考えるきっかけとして、ぜひ健診をご利用ください。前に受けた健診で問題が見つからなくても、1年に1回受けることで、体の変化を知ることができます。

保健センターでは、30~39歳の町民を対象とした健診を実施しています!

ワンコイン健診のイラスト

30歳からの健康づくり「ワンコイン健診」

実施月日

平成23年5月29日(日曜日)

受付期間

午前8時~午前11時

対象

30~39歳の町民(年齢は健診日を基準)

場所

保健センター

料金

500円

健診内容

身長・体重・胸囲・BMI・尿検査・血圧測定・医師の診察・血液検査

(注)定員は100名ですが、受付時間によっては若干の余裕がありますので、ご希望の方は保健センター(電話:26-9004)まで、お問い合わせください。

4月のわらべうた

『うた』 ずくぼんじょ ずくぼんじょ ずっきんかぶって でてこらさい

 ハンカチやフェイスタオル、バスタオルをひろげて持ち
歌にあわせて揺らします。
『でてこらさい』で、お子さんの頭にそーっと布をかぶせてあげます。

布を自分で引っ張り『ばぁー!』と笑顔を見せてくれますよ。
小さいお子さんですと、お母さんがゆっくり布を引っ張って『ばぁー!』と顔を見せてあげるのもいいでしょう。

いないいないばあっ

あそびの森「保育所開放」

あそびの森ってなーに?

  • 町内に在住する就学前の保育所に在籍していないお子さんとその親を対象にした保育所開放事業です。
  • お子さんと同じ年齢のクラスに入り、園児と一緒に遊びます。
  • 散歩、水遊び、木の実拾い、ソリ遊びなどその季節でなければ経験できない活動を、豊富に取り入れています。
  • 保育所職員が子育てでの質問や、困っていることにお答えします。

あそびに行く時は、どうしたらいいの?

どの保育所も申し込みは必要ありません。当日お越しください。ただし、感染症(風邪、インフルエンザ、水ぼうそう、おたふくなど)が流行している場合もありますので、電話かファクスで申し込んでいただくとその旨お伝えすることができます。

持ち物

  • その日のあそびの内容によって、衣服が汚れることもあります。お子さんの着替えを持参していると安心です。
  • おむつ、紙パンツのお子さんは、その替えもご用意ください。
  • 天気が良ければ戸外で遊びます。上着や帽子等が必要です。
  • 水飲みコップや手拭きのハンカチを持参してください。(堺町、東町、荻伏、東部保育所)

開放時間

9時30分~11時

開放日と場所

第1・3木曜日 堺町・東町・東部・荻伏保育所
第2・4木曜日 くるみ保育所・ひなぎく保育園

(注)詳しく書かれたパンフレットを用意しています。子育て通信「えがお」と一緒にありますので、そちらをご覧ください。


 

お問い合わせ先

子育て支援センター 電話:0146-24-4141 FAX:0146-24-4142  [お問い合わせフォーム]

お知らせ