MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 出産・子育て > 子育て通信「えがお」 > 2011年 > 「えがお」2011年4月号

「えがお」2011年4月号

浦河町の多くの親子の方々にご利用いただいております、子育て支援センターです。
利用時の約束事なども、先輩お母さんから受け継がれていることをありがたく感じているところです。
新年度になり、新しく参加される方も多いと思いますので、事業案内と約束事などを確認し、皆さんで作る子育て支援センターを目指していきたいと思います。

浦河町の子育て支援センターの事業内容とお願い

年齢別グループの名称

  • 3ヵ月~1歳 ありグループ
  • 1歳1ヵ月~2歳 りすグループ
  • 2歳1ヵ月~就学前 うさぎグループ

動物が遊んでいるイラスト

わんぱく広場

広場で遊ぶ子どものイラスト

主に戸外での活動となります。

雨天時・悪天候で室内活動する場合は、体を使って遊ぶコーナーや製作遊びのコーナーを取り入れていく予定です。
活動内容に合わせてジャンバー類や着替え等の準備をお願いします。
活動によって、集合場所が変わりますので子育てカレンダーを参照のうえ、ご参加ください。

わくわくランド

主に室内での静的な活動となります。

  • 「今日はあそこであの遊びをしよう」と目的を持ち、自主的・意欲的に遊べる場
  • お母さんの子育て相談や情報交換の場
  • 遊びを通して親子の関わりや友達とのやりとりを学ぶ場ということを目的としています。

年齢や発達に合わせたおもちゃを用意し、「手作りおもちゃ」も紹介していきます。
年齢や経験によって、落ち着いて遊ぶことが難しい場合もありますが、大人がそばについて見守り、遊ぶ楽しさを伝える事や経験を重ねることで集中して遊ぶ姿が増えてきます。

ぬいぐるみで遊ぶこどものイラスト

のびのびキッズ

子どもたちのイラスト

ボールプール・滑り台・マットなどがあり、主に体を使った活動の場です。

 ままごとブロックなどのおもちゃなども用意してありますので、お子さんに合わせてご利用ください。
スタッフはつきませんので、参加してくださった皆さんが心地よい場所となるよう皆さんで協力してください。

子育て相談 

保健師、歯科衛生士、栄養士、保育士と幅広い職種のスタッフで対応しています。
ご家庭への訪問や、子育て支援センターでの来庁相談も行っています。

相談電話のイラスト

お願い

  • 児童館は、駐車場が狭いので、来た順に奥の方から駐車ください。
    又は、農協横の空き地をご利用ください。(出来ればその方が広くて安全)
    くれぐれも事故のない様に気をつけてください。
  • お子さんがケガをしない様にお子さんの行動に目を配ってください。
  • 帰りの挨拶や、絵本の読み聞かせをしている時は、お子さんを膝の上に座らせ一緒に話に集中できる様、努力しましょう。お母さんがお手本になってください。
  • 新しい仲間が次々と入ってきますが、はじめて参加する時は、知り合いもいなく心細いものです。先輩ママさんは意識して声をかけてあげて、仲間に加われる様に気を配ってあげてください。よろしくお願いします。
  • 子育て支援センターへの意見要望ボックスを支援センター(役場内) に設置しています。
    健診や役場に用事の際などに投函してください。
  • 不明な点は子育て支援センター(電話:24-4141)まで連絡ください。

平成23年度スタッフ

主任相談員 安田こず恵
主任相談員 西川千絵
保健師 松枝美喜
栄養士 前田玲子
歯科衛生士 竹内みどり
主任保育士 岩見加代子
保育士 駒澤ゆかり

よろしくお願いします。

ちいきのわ「投稿をとおしての会話をめざして」

子育て支援センターちいきのわ

今月は、久しぶりにお母さんからの投稿が寄せられました。


先月の「えがお」でお知らせいただいた映画「風のなかで」は、3月5日~11日までの一週間、大黒座に足を運んで下さった皆さんに心から感謝いたします。

私は、子育てサークル マザー&キッズメンバーであり、実行委員会代表という立場から、今回の活動を振り返っての報告をしようと思い投稿しました。不定期に発行していた通信をご覧になったことがある方はご存知だと思いますが、今回「風のなかで」が浦河で上映されるきっかけとなったのは、大阪に住む私の友人から送られてきた一通の手紙でした。「素敵な映画と出会い、大阪で自主上映する」という手紙とともに送られてきたチラシを見て、「私も観たい」という気持ちになりました。でも、大阪まで行くには遠すぎる…「浦河で上映してもらえないだろうか!?」そんな気持ちが全ての始まりでした。

まずは、サークルの一部のメンバーや子支援 安田先生にそれとなく相談。みんなから、まずまずの反応が得られたことに気を良くして、上映実現に向けて動き出しました。場所を借りての一日上映という選択もありましたが、料金の兼ね合いで検討し、最終的に大黒座で一週間の上映が決まりました。

「観たい」と思う映画を映画館で観ることができるなんて、なんと幸せなことでしょう!これも町に映画館があるおかげです。大黒座への感謝の気持ちを形として示すべく、上映実行委員会を立ち上げて、たくさんの人に今回の上映をお知らせし、観に来てほしい!と思い立ちました。

その後、サークル主体で立ち上げた実行委員会と教育委員会の共催で今回の活動を進めることになりました。

活動内容は、広報でした。映画の舞台が幼稚園だったので、町内の幼稚園・保育園・小学校を通じて各家庭にチラシを届けてもらいました。未就園児のお子さんを持つご家庭には、子育て支援センター通信「えがお」を通じて・・・。あと、託児の手配、チケットを作成しました。試写会も二度行い、メンバーで内容を確認したり、幼稚園・保育所の園長先生にも観ていただき、感想を伝えてもらいました。

その結果、最終日は地震の影響で上映できませんでしたが、一週間で144人の方が大黒座に来て下さいました。(託児は2日設定し、5名の方が利用)その一人一人が「風のなかで」を観て、いろいろな立場からいろいろな影響を受けたかと思うと、一本の映画が持つ大きな力を感じます。

広報活動には、サークルメンバーの力は勿論、それ以外にもたくさんの地域の方にお世話になりました。本当にありがとうございました。

今回の活動を通して得られたことはたくさんあるのですが、中でもサークルメンバーのつながりが深まったこと、地域の方とのつながりができたことは、これからの大きな力になると思います。

 映画の舞台である中瀬幼稚園では、映画上映をきっかけに保護者による「子どもの未来を考える風の会」ができたそうです。マザー&キッズも映画の影響を受けて、新しい一歩を踏み出す準備をしています。

 我が家は転勤族で、7年前に浦河に来ましたが、この春、引っ越すことになりました。今回の活動は、私にとって浦河の集大成だったように思えます。吉村先生、佐藤先生、安田先生、ありがとうございました。浦河で二人の子育てができたことは、私の宝物です。浦河の縁を大切に、私も新しい土地での一歩を踏み出します!お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

鈴木 雄大・あすかの母 


お忙しい中、いろいろな場所でご活躍されたお母さん、サークルメンバーの皆さん、たいへんお疲れ様でした!!

毎月発行の『えがお』の1ページは地域の皆様で作っていけたらと考えています。
子育ての楽しみや苦しみ、夫婦関係、子どもとの楽しいエピソードなど、テーマは問いません。短くても長くても大丈夫です。
投稿方法は・・お手持ちの用紙に書いて投稿ください。
最近、メールで投稿してくださる方も増えています。
投稿用アドレス (kosodate@town.urakawa.hokkaido.jp)まで・・・
携帯電話からでも届きますよ。

3月のわんぱく広場 ~手型とりの様子~

青少年ホームにて・・・ 親子103人の参加!!

手形を取る親子の画像1手形を取る親子の画像2

手形を取る親子の画像2手形の画像

ラミネーターをかけ、リボンをつけて、記念の一枚として持ち帰りましたー。

4月号 『絵本紹介』

こどものとも012 『おっぱい いっぱい のんだ こは』

木坂 涼 文・飯野 まき 絵

 おっぱいいっぱい飲んだ子は、どうなるどうなる?心ゆくまでお母さんのおっぱいを味わったら、小さなおなかがぽっこりこ。満腹になった動物の赤ちゃんたちが、その幸福感を体いっぱいに表現しています。

次回予告!!
『おさかな いっぱい』
増田 純子 作

こどものとも年少版 『ブルくんのおうち』

ふくざわ ゆみこ 作

 犬のブルくんとかなちゃんはいつも一緒に遊んでいましたが、ブルくんはうっかり犬小屋を壊してしまいます・・・。最後には思わぬ展開が持っていて、大満足の八ッピーエンドです。人気作「ブルくんとかなちゃん」シリーズの新作です。

次回予告!!
『ピーン』
古賀 充 作

育児サークル紹介

 子育て支援センターの事業のほかに、浦河町には3つの子育てサークルがあります。
4月から、随時募集をはじめます!!サークルの詳細を知りたい方や参加希望の方は、子育て支援センターまでお知らせください。

「マザー&キッズ」

代表者

野上さん 関向さん

活動日

月に1回

活動内容

パン作り・リトミック・クリスマス会など月に1回集まって、色々なことを親子で楽しんでいます。

 「マザー&キッズ」が中心となって、年に1・2回「託児つきフリーマーケット」開催予定です!!6月・2月に予定していまーす!お楽しみにー。

先着20組!!随時、募集します!年齢制限は、ありません。

積み木のイラスト

「kids Party キッズパーティー」

代表者

伊藤さん 斎藤さん

活動日

月に1回

活動内容

活動日に参加できる親子が集まって遊んでいます。月に1度、サークル会員で新聞紙遊び・ボールプール・親子体操etc・・・楽しんでいます。

 毎週金耀・土曜10時~16時青少年ホーム大会議室を「キッズパーティー」で、場所を借りています。皆さんが利用できるように、サークル以外の方にも開放していますので、お気軽にご利用してください。サークルメンバー大募集です!

春のイラスト

「Happy Momハッピーマム」

代表者

福田さん 清水さん

対象

平成21年度(平成21年4月2日~平成22年4月1日)生まれの子どもとその親
第2、3子の方も大歓迎です。

活動日

毎週水曜日 10時~11時30分
青少年ホーム 大会議室

活動内容

おしゃべりや情報交換を中心に1ヶ月に1回のペースで、読み聞かせ、手遊び、お誕生日会、季節に合わせた活動や、お母さんたちのお楽しみ!夜の会など取り入れていく予定です。

平成21年4月2日~平成22年4月1日生まれの子を持つ親子!!大募集です!!

おもちゃで遊ぶ子どものイラスト

『サークル活動に参加して・・・ ~お母さんの声~』

  • 子どもたちにとっても集団の中でたくさんの学びを経験できる機会であったと思います。分からない事があっても、肌で感じるものは何ものにもかえがたいものだと思います。
  • その時々の子育ての悩みを話したり、私にとっての心の支えでした。子ども同士の関わりも広がり、子どもにとってもサークルに行くのは楽しみのようです。
  • 子どもにとっても親にとっても知り合いを作れる場として、さらにいろんな話を聞けて、子育ての勉強にもなりとても感謝しています。
  • サークルにきていなかったら…と考えると恐いくらい、体力的にも精神的にも救われました。
  • このサークルに入っていなかったら、色々と困ったことも相談できずにいたかも・・・
  • 子どもだけでなく、私自身のストレス発散の場となっていたので、サークル参加して良かったと思っています。
  • サークルのおかげで楽しく育児ができるようになりました。サークルでの時間は私にとってとても大切な時間です。他のメンバーの子どもたちにも愛情がわいてきます。
  • 子育てに行き詰まりを感じていたときにサークルに参加できて、たくさんのメンバーさんと知り合え、相談にのってもらい、どれだけ心が軽くなったかしれません。本当にサークルがあって良かったと感謝で一杯です。
  • 私は友達作りがすごく苦手なので、サークルに入るのもドキドキしましたが、他のお母さん方と悩み相談ができとても居心地のよい空間でした。
  • 我が子にとっても他の子どもたちから受ける刺激はとても大きいもので、日々の成長の中にもあらわれている気がします。
  • 子育てで、たいへんなこと、悩み相談できる場所、ママ友ができたこは、何より心の支えになりました。

今、ドキドキしているお母さん!!先輩お母さんたちが待っています!あそびにいってみませんか!? ぜひ、お待ちしておりまーす!!

お問い合わせ先

子育て支援センター 電話:0146-24-4141 FAX:0146-24-4142  [お問い合わせフォーム]

お知らせ