MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 国民健康保険・国民年金 > 国民年金 > 国民年金について

国民年金について

国民年金は、老後を迎えたとき、思わぬ病気やけがで障がい者となったときや一家の働き手を失ったりしたときなどに、年金を支給して生活を保障する制度です。また、日本に住む20歳から60歳までのすべての人が加入し、保険料を納め、支え合う制度です。

国民年金の加入者(被保険者)の種類

第1号
被保険者
農業、漁業、商業など自営業を営んでいる方やその配偶者、学生など
(第2号や第3号被保険者に該当しない人)
第2号
被保険者
厚生年金や共済組合の加入者
第3号
被保険者
第2号被保険者に扶養されている配偶者

任意加入被保険者
次のような方は、希望により加入することができます。

  • 日本国内に住む60歳未満の老齢(退職)年金受給者の方
  • 日本国内に住む60歳以上65歳未満の方
  • 日本人で外国に住んでいる20歳以上65歳未満の方
  • 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない、日本国内に住む65歳以上70歳未満の日本人の方(昭和30年4月1日以前に生まれた方

国民年金の保険料

国民年金保険料を納めましょう。(保険料の詳細は、国民年金の保険料をご参照ください。)

国民年金の給付

 国民年金から支給されるものには、次のようなものがあります。

こんなときには届出を

  • 20歳になったときは、国民年金の加入手続きが必要です。
  • 転職・退職・結婚などにより加入の種別が変わった場合には、その都度手続きが必要です。
    詳しくは、国民年金の届出をご参照ください。

保険料を納めることが困難な場合は

 経済的な理由などで、どうしても保険料を納められない場合の「保険料の免除・納付猶予制度」や大学などに在籍する学生本人の保険料を後払いする「学生納付特例制度」があります。

社会保険事務相談

厚生年金保険に1ヶ月でも加入した方や国民年金の第3号被保険者の期間がある方は、年金の請求先が年金事務所になります。(障害年金・遺族年金は、初診日・死亡日において国民年金第1号被保険者以外の方)

苫小牧年金事務所では、月に1度、年金の請求や各種届出の受付、相談業務、社会保険の各種届出の受付などを行っております。

お気軽にご利用ください。(詳しくは、年金相談をご参照ください。)

法定免除

国民年金第1号被保険者が、主に、次のいずれかに該当したときにその間の保険料は免除されます。

  • 障害基礎年金・障害厚生(共済)年金(1・2級に限る)の受給権者になったとき
  • 生活保護法による生活扶助を受けているとき

お問い合わせ先

保健福祉課 電話:0146-26-9003 FAX:0146-24-2410
(土曜、日曜、祝日、12月31日~1月5日を除く午前8時30分から午後5時15分まで)  [お問い合わせフォーム]

お知らせ