MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 国民健康保険・国民年金 > 国民年金の種類 > 特別障害給付金

特別障害給付金

特別障害給付金

 国民年金の任意加入期間に加入しなかったことにより、障害基礎年金等を受給することができない障がい者の方について、国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情をかんがみ、福祉的措置として「特別障害給付金制度」が創設されました。

受給要件

  次のAとBに該当する人で、当時任意加入していなかった期間内に初診日※があり、現在、障害基礎年金の1級・2級の障害の状態にある方。
 ただし、65歳に到達する日の前日まで当該障害の状態に該当された方に限ります。(社会保険庁の認定が必要になります)

A 昭和61年3月31日以前に国民年金任意加入者対象者であった厚生年金等に加入していた人の配偶者

B 平成3年3月以前に国民年金任意加入対象者であった学生

※初診日とは・・・障害の原因となる傷病について、はじめて医師または歯科医師の診療を受けた日

支給額(平成30年度)

  • 障害基礎年金 1級 に該当する方 51,650円(月額)
  • 障害基礎年金 2級 に該当する方 41,320円(月額)

※なお、ご本人の所得や受給年金等によっては、支給が制限される場合があります。

請求先

 年金は請求しなければ支給されません。
 請求は、役場国民年金係で手続きをすることになります。

※65歳に到達する前日までに請求していただく必要がありますが、平成17年4月1日にすでに65歳を超えている方については、平成22年3月31日まで請求を行うことができます。また、平成17年4月1日以降から間もなく65歳に達する方についても、65歳を超えてから一定期間は請求を行うことができる経過措置が設けられております。
 

お問い合わせ先

保健福祉課 電話:0146-26-9003 FAX:0146-24-2410
(土曜、日曜、祝日、12月31日~1月5日を除く午前8時30分から午後5時15分まで)  [お問い合わせフォーム]

お知らせ