MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 国民健康保険・国民年金 > 国民年金の種類 > 死亡一時金

死亡一時金

受給要件

第1号被保険者としての保険料を納めた月数と保険料半額免除月数の2分の1に相当する月数を合わせて36月以上ある人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けないまま死亡したときに、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合、死亡した人と生計を同じにしていた遺族に支給されます。

遺族の範囲

死亡一時金を受けることができる遺族は、死亡した人の配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹であって、死亡した人と生計を同じにしていた人です。なお、死亡一時金を受ける人の順位は、配偶者・子・父母・・・となっており、先順位の人が受けられない場合は、後順位の人に支給されます。

死亡一時金の額

保険料納付済月数と保険料半額免除月数の2分の1に相当する月数を合算した月数に応じて、次のとおりです。

納付月数 金額
36月以上180月未満 120,000円
180月以上240月未満 145,000円
240月以上300月未満 170,000円
300月以上360月未満 220,000円
360月以上420月未満 270,000円
420月以上 320,000円

(注)付加保険料を36月以上納めている場合には、8,500円が加算されます。

請求先

年金は請求しなければ支給されません。役場国民年金係での手続きになります。

お問い合わせ先

保健福祉課 電話:0146-26-9003 FAX:0146-24-2410
(土曜、日曜、祝日、12月31日~1月5日を除く午前8時30分から午後5時15分まで)  [お問い合わせフォーム]

お知らせ