MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 交通安全 > 日高地区交通災害共済に加入しましょう

日高地区交通災害共済に加入しましょう

日高地区交通災害共済とは?

日高管内7町の住民のみなさんが、年額500円の掛け金を出し合い、交通事故で怪我をしたり、死亡したときに、、被害者やその家族に見舞金をお支払いする相互扶助制度です。

民間の一般的な自動車保険などでは保険金支払いの対象になりにくい、「一日だけ診察を受けたり、通院したりした場合」でも、見舞金支払いの対象になります。

対象となる交通事故は?

日本国内における、自動車・原動機付自転車・自転車(道路交通法第2条8号に規定する車両)などによる、道路上での交通事故が対象になります。また、過失による自損事故も含みます。

  • 加入された方が、全国のどこで事故に遭った場合でも対象になります。
  • 自転車による事故も対象になります。
ただし以下の場合、支給対象から除外されます!
  • 故意に災害を受けたもの。
  • 犯罪行為を目的として車両を運転していたもの。
  • 無免許、酒気帯び、速度違反による運転をしていたもの。
  • 電車・汽車・航空機・船舶・ケーブルカー・モノレール・エレベーター・遊戯具・小児用の車による事故。

支給される見舞金

等級区分 傷害の程度 支給額
1等級 死亡した場合 800,000
2等級 入院・通院日数が101日以上の場合 100,000
3等級 入院・通院日数が31日以上100日以下の場合 50,000
4等級 入院・通院日数が30日以下の場合 30,000
  • 交通事故が発生した日から1年以内に傷害の程度が加重して上級に移行したときは、請求により差額を支給します。
  • 共済期間中の交通事故であれば、その都度何回でも支給されます。
  • この見舞金は、損害賠償保険・健康保険・労災保険賠償金などに関係なく、支給されます。

加入するには?

加入申込書(町民課町民運動係にあります。)に、住所・氏名などを記入し、会費(1人年額500円)を添えて、町民課町民運動係へお申し込みください。(申し込みは、随時受け付けています。)

共済期間

毎年4月1日から翌年3月31日までです。(途中加入の場合は、加入時から3月31日まで)

交通事故にあわれたら、必ず警察署へ届けてください。(見舞金の請求には、事故証明が必要になります。)

見舞金の請求

交通事故にあった方は、会員証・自動車安全運転センターの発行する交通事故証明書(注1)・印鑑・医師の診断書(組合発行の用紙:用紙は、町民課町民運動係にあります。)をご持参のうえ、町民課町民運動係へ請求してください。(見舞金の請求期間は、交通事故による災害を受けた日から1年間です。)

(注1)交通事故証明書の発行所

交通事故証明書は、自動車安全運転センター北海道事務所が発行しています。申し込み用紙は、警察署・派出所・駐在所・損害保険会社・農協などにあります。最寄の郵便局から証明書の申請を行うことになります。

  • 自動車安全運転センター北海道事務所
    〒060-0002札幌市中央区北2条西7丁目北海道警察本部1階(電話:011-219-6615)
自転車などの事故で、交通事故証明書が得られない場合は、役場町民課町民運動係へご相談ください。

見舞金の請求をお忘れなく!

昭和44年に発足し、皆様のご協力により運営をしてまいりました「日高地区交通災害共済組合」は、平成31年3月31日をもって解散することが決定いたしました。
加入募集は平成29年度までとし、平成30年度は29年度に加入いただいた方で交通事故に遭われた方のお見舞金をお支払いいたします。
これまでのご協力に感謝申し上げますとともに、見舞金の請求漏れのないようお願いいたします。

お問い合わせ先

町民課 電話:0146-26-9001 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

ホームページに関する、みなさまのご意見をお聞かせください。
なお、ご意見やご質問は、上記のお問い合わせフォームよりお願いします。

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

お知らせ